本日、後楽園店オープンです♪

本日、1月5日、iPhoneターミナルの2店舗目である後楽園店がオープンとなりました!

オープンとなりました!と言っても、まだ準備し終わっていないので、形だけなのですが(笑)

看板も無ければ目印もないので、誰もオープンしたことに気付いていないと思います。笑

私はサイレントオープンを信条にしているのですが、それにしても「いくらなんでも何もなさすぎだろ」ってほど、まだ何も目印が無いです。

お正月の間に色々と準備したかったのですが、いかんせん世の中も予想以上に休みで全く間に合いませんでした。

後楽園店の営業時間や場所については当社HPの「店舗情報」内に記載しておりますので、そちらをご確認いただければと思います。

後楽園店は店内がまだ完成していないので、内観の写真を掲載することが出来ないのですが、あとパーテーションが届いてくれれば完成なのでもう3日ほどで掲載できるかと思います。

さて、後楽園店オープンにあたって、私の店と私自身を知っていただくために「私の想い」を書いていきたいと思います。

今までこのブログには結構書いてきたのですが、今後後楽園店をご利用される方にぜひ読んでいただきたいので、再度こちらに書いておきますね。

私は2017年5月1日に茨城県取手市戸頭という場所に「iPhone修理の専門店」を初めて開業致しました。

開業した理由はこちらに記載しています。

東京に2号店を出しますー2018年10月20日

私はこの業界では古株の方達に比べれば新参者です。

師匠たちから見ればまだまだひよっ子です。

だからこそ、この業界を非常に俯瞰的に見られました。

私がこの業界を一言で表すならば「すべてにおいて低レベル」。

非常にキツイ言葉ではありますが、この業界に関わってきた2年近くの間、ずっとそう思ってきましたし今でもその気持ちに代わりはありません。

何が低レベルかというと、まずは一番は取り扱っているパーツ。

私は開業当初からご修理の様子を「ご修理事例」としてご紹介しているのですが、そちらを見ていただけると分かる通り、この業界で使用しているパーツというのは粗悪品が多いです。

ご修理事例ーiPhoneターミナル

そのために、何度も何度も修理をしなければいけない方が後を絶ちません。

また、特にフロントパネルですね、フロントパネルに関してはAppleの純正に近いレベルを持つ画面を出せる店がほんの一握りしかいないので、わざわざ全国からお金をかけてうちの店にはご修理依頼が届きます。

そのくらい、この業界で扱っている、特にフロントパネルはまだまだ沢山のお客様を満足させられるレベルにはありません。

それが嘘偽りない現状です。

先日、某大手修理業者(フランチャイズ)の店長の方がインタビューをされているネット記事を読みました。

そのインタビューの中でその方は「ほとんどの修理店はお客様に満足いただけるパーツと修理技術を持っている。また、どこも修理パーツの水準は変わらない。粗悪店はごく一部」と言っているのを見ましたが、本心でそう思っているのであれば、思い違いも甚だしいし、お客様の心を全く分かっていない方だと思いました。

私は全く逆のことを思っています。

多くの店では粗悪品を主流としているし検品水準も低くお客様を満足させられるレベルにないです。

そして、修理パーツに関しては、申し訳ありませんが、うちは他の店と一緒にはされたくありません。

世間のiPhone非正規店への評判・イメージとうちが全国からご修理依頼をいただく現実を鑑みたら、火を見るよりも明らかです。

お正月の間に、ヤフーの記事で「スマートフォンの修理に資格制度を設ける計画がある」というものを、簡単にですが読みました。

私はそれを見て「やることの論点がずれてる」と、正直思いました。

今、この業界に必要なことは「技術者のレベルを上げること」ではありません。

パーツの質を上げることです。

正直、実際に修理している現場の技術者の水準は決して低くないですよ。

修理経験が浅い方だと、知識は確かにまだまだ少なく適切な対応を取るにはちょっと経験不足なところもあるかもしれませんが、ただ普通に修理するだけならば全く問題ないです。

だいたいiPhoneの修理は、普通の状態の端末を普通に修理するだけであれば決して難しいわけではありません。

ましてやまともな修理店であれば、技術研修を行い定期的に技術チェックをして修理水準を高めているはずです。

正直、今のフロント画面の低品質さを思うと、現場の方たちが可哀想ですよ。

上が揃いも揃って高品質なものを出す気がないんですもん。

例えば、これ。 

iPhone7・コピーパネルの故障→コピーパネルへ交換(2018年11月26日)

これなんて技術力なんか関係ないですよね。

まぁ無理やりネジくっつけて出す人も出す人ですが、そもそもこんなもの取り扱っている上が悪いんですよ。

まともなところであれば社内でしっかりと教育しているはずなので外部が関わって資格なんか取らせる必要もないですし、そもそも技術力を上げたところでパーツの質が変わらないのであれば無意味なので、私から見ると非常に的外れな方達だと思ってしまいました。(申し訳ないですが)

今のこの惨状は現場の技術者ではなく、低品質品ばかり積極的に取り扱っている上が悪いんですよ。

それと最近目立つ「総務省・登録修理業者」の登録の有無について。

これについては、私は正直若干の引け目がありますので今まで公言はしてきませんでしたが、黙っているのも卑怯だと思い、あえて東京出店にあたり触れておきますね。

iPhoneの修理において、アンテナの部分を修理する場合には電波法に抵触する可能性があるから政府の許可を貰わないといけない、そのための登録制度というようなことだったかと思います。

画面交換やバッテリー交換くらいだったら関係ないみたいですけどね。

私が調べたのは結構前なので、その後もし法律が変わっていたら申し訳ありません。

私はこの登録を行おうと思って調べたこともあったのですが、かなり高額すぎて(1機種何十万とか)馬鹿馬鹿しかったので「国に怒られたらアンテナ部分の修理をやめよう」と思っています。

今、日本政府がスマートフォンの修理に関して本格的に法整備や制度を整えようと動いていることもあって、今後の状況はどうなるかは分からないですが、少なくとも今はそう思っています。

まぁアンテナ部分の修理なんて年に数回程度なので、正直別に出来なきゃ出来なくてもさして問題ないです。

それはいいとして、この登録業者制度は登録するのに非常にお金がかかるため、一部の大手修理業者しか登録出来ていないのが現状なのですが、ぶっちゃけると、この修理制度に登録しているチェーン店で修理したところで「?」というのが私の見立てです。

なぜかというと、登録していると公言している修理業者の修理パーツも、結局は低品質品だからです。

そんなところで修理して、うちに再修理をご依頼される方が大勢います。

それが現実です。

なぜ大手修理業者がこぞって大金を払って総務省の登録修理業者に登録するかというと、私はメディア露出のためだと思います。

私の尊敬しているicrackedさんも当初は登録するつもりはなかったらしいのですが、やっぱりメディアに積極的に出るとなると「登録していない」ことは大きなマイナスポイントになり、世論に叩く隙を与えてしまうので、最終的に登録されたようです。(私の予想なので、見当はずれだったら申し訳ありません。個人的な一意見として捉えていただけると有難いです。)

もし、メディアに出るのであれば登録しなければいけないと思いますので、私はメディアには一切出るつもりはありません。

私としては意味のない制度に数百万を払うくらいなら、お客様のために修理パーツの質向上にお金を使いたいので、今後も登録するつもりはありません。

国に怒られて「法律違反」だと正式に通達されれば考えようかな、くらいです。

ですので、このことに関しては私を叩く材料に使わないようにお願い致します。

このことは百も承知です。

そういうことなので、別に政府に公に登録しているからと言って「良店」とは限らないですし、質の高い修理を受けられるわけでもありません。

私はフロント画面の再修理のお客様に「以前はどこで修理したのか?」をお尋ねしますが、結構な割合で「総務省登録業者」です。

もちろん中にはしっかりしたところもあると思うのですが、私が2年近くやってきて感じだ印象としてはそう感じたことはほとんどないです。

なぜ、茨城県取手市などという小さな田舎の2人だけの店舗に、全国からご修理の依頼が来ると思いますか?

中には車で2時間、3時間かけてお越しになる方もいらっしゃいます。

他の店では出せない質のパーツを、うちでは出せるからですよ。

女の私があんまりぶっちゃけると「生意気だ」と言って出る杭は打たれるのでこの辺にしておきますが、 私は東京でも「修理の質」を下げずに、そして誠実に運営していくつもりです。

「できることはできるし、できないことはできない」

綺麗事は抜きにして、お客様と真摯に本音でお付き合いしていきたいと思っております。

ですので、お客様もぜひ安心してご修理や買取のご依頼をいただければ嬉しく思います。

もうひとつは、これは先ほどの話とは矛盾していますが「修理の技術力」ですかね。

これに関しては低レベルというよりも、知識不足という方が正しいと思います。

私自身は自分を客観的に見て、修理の技術力は中の下くらいだと思います。

私は正直修理の技術力はそんなに高くはないというか、本当に普通だと思います。

私より修理が上手な方、速い方は五万といます。

ただ、修理という分野は「技術力」がすべてではありません。

壊れている状況によって適切な対処というのは変わってくるので、経験値が修理の上がりの質を大きく左右します。

私には師匠という大きな後ろ盾がいるので常に適切な対処を取ることが出来ますが、やはりこればっかりは経験がものを言います。

まだ新しい業界なので師匠のように経験豊富な人がごく一部なため、まだまだ訳の分からないことを言ってきたりおかしな対処をしてしまう人も沢山います。

それは今後経験を積めばよくなってくると思いますが、新しい業界のため仕方がないです。

変なことを言ったりおかしな対処をするのは非正規店だけでなく、正規プロバイダーにも沢山いますからね。

非正規店というだけで色眼鏡で見られてしまうためピックアップされがちですが、経験不足なのは正規店だって一緒です。

経験や技術力においては私自身も本当に、日々様々な症例やお客様のお悩みを伺って磨いているところです。

今でも見たことのない故障の症例もあったりして、その度に学んでいますし、技術力も日々向上している途中です。

だから、資格制度を作るくらいなら公式な「学校」みたいなものを作ればいいのに、と思いました。

うちも修理研修を承っていますが、数日なので、全部は教えきれないというのが正直なところです。

ですので、経験豊富な師匠のような講師が故障の症例とともに修理技術を教えてくれる学校みたいなものがあったら業界にとって非常に有益なのではないかと思いました。

この商売は1人でやっている方も多く「仲間が欲しい」と感じている方も多いようなので、交流会的な意味でも、そんな学校のようなところがあれば面白そうだな、と。

私も他の店舗の修理を学んでみたい気持ちもありますし、未経験者も経験者も事業主も誰でも技術を学べる場所があれば面白そう!

私自身はiPhoneターミナルの代表として、技術力・知識ともに豊富で、また、気持ちが誠実な方ではないと「技術者」として一緒に働くことは出来ないので、今後、もし誰か仲間が増えることがあれば、その方は私が信頼できる方なのでお客様には安心していただければ嬉しく思います。

さて、ずらずらと言いたいことを書いてしまいましたが、どんな場所で店をやろうとも私の理念は常に変わりません。

「お客様に安心してきていただき、気持ちよく帰っていただく。また来たいと思える適正な価格と魅力的な店舗であること」

開業時に決めたこの経営理念を守り、東京・文京区の地ではさらに多くのお客様のお役に立てるように努力していく所存です。

千葉共々、何卒宜しくお願い致します。

とりあえず、フロント画面の質を下げないために、今から繁忙期の夏に向けて画面集めに奔走します!!

取手の皆様も今後とも宜しくお願い致しますね。

タイトルとURLをコピーしました