新作発表を受けて中古が活況を呈する予感

日本時間9月13日の午前2時、iPhoneの新作がappleより発表されました。

iPhoneの新作は各メディアで毎年大きく取り上げられるので、ニュースで見た方も多いのではないでしょうか?

私はいつもApple製品の新作が出た次の日の朝に、実際の発表会の動画をネットで見るようにしています。

今年も例年のごとく一通り見たのですが、今回の新作iPhoneを見た感想としては「これは誰が欲しいんだろう?」というものでした。

期待はずれ、とかではなく、単純に「ついていけないな」と思ってしまいました。

今回、発表された新作iPhoneは3種類です。

iPhone XS,XS Max,XR。

昨年出たXの後継機としてのiPhone XS。

XSの大きな画面バージョンがXS Max。

そして、廉価版としてのXR(らしいです。)

iPhone XS,XS Max,XR-Apple公式サイト

画質、機能、素材、質感…すべてにおいて素晴らしいとは思います。

さすがAppleだな、と。

Apple製品ファンなので、勿論そういう気持ちはあります。

Appleにはどの会社よりも素晴らしいもの・最先端なものを出し続けて欲しいですし、スマートフォン業界を牽引し続けて欲しいです。

ただ、ひとつ、実用的なラインを残して欲しかったです。

新作発表後、日本のApple公式サイトからiPhone6SとSEのページが消えました。

事実上の廃盤です。もう公式からは購入できません。

Xのような挑戦的なラインも絶対に必要だし新しいもの好きのファンは、そういうAppleの挑戦的な姿勢に期待しているんだと思います。

でも、私のような「実用的なことを考えた時にiPhoneがいい」という一般ユーザーからすると、そんな挑戦など知ったこっちゃないですし、そんなことよりもコスパや操作性を重視しているんです。

私はiPhoneは5万円くらいで購入し3年くらいで買い換える周期が理想的で、iPhoneに10万も15万も使うのであれば、Macbook proでも買います。

XSやXRをまだ触っていないので操作性に関しては何とも言えませんが、それにしても価格の面でスマートフォンとしては考えられない値段になってしまっています。

ハッキリ言ってスマートフォンにそこまで求めていません。


まぁ、Appleからすると、私のような一般ユーザーはもういらないのかもしれません。

「本当に欲しい人に沢山お金を払って買ってもらえればいい」と割り切っているんですかね。

私としては、iPhone Xの挑戦的なライン、iPhone 6Sのホームボタンと指紋認証ありの実用的なライン、iPhone SEの廉価版ラインとこの3本立てで行けばもはやiPhoneしか使う人はいなくなるのではないかというくらい最強の布陣だと思うのですが、Appleは一般ユーザーは切り捨てているのかもしれません。

元来、Appleはジョブズ時代から常に挑戦的で尖った会社でしたもんね。

多分、ユーザーに媚びたことなど無かったのではないかと思います。

それでもAppleファンは「ジョブズがいればな…」と、どうしても思ってしまいますね。

ジョブズの挑戦は、あくまでもユーザーのための挑戦だった気がします。

媚びたことは無いだろうけど「本当に価値のあるものを届けたい」という気概を感じ、実際それで世界中にファンが出来たのだと思います。

今はこれだけiPhoneが普及しスマートフォンの世界シェアでもAppleは2位ですが(1位はサムソン)、来年にはHuaweiに抜かれ3位になるそうです。

でも、これだけ一般ユーザーの欲求からかけ離れたことをしていれば、まぁそれは当たり前だろうなと思います。

うちではHuaweiのスマートフォンの買取を行っているので、ちょいちょいHuaweiのスマホを触る機会があるのですが、コスパが高い感じがしますもん。

HuaweiのLiteシリーズが若い方に人気があるのは非常によく分かります。

そして、Apple自身も今の流れでいいのかもしれません。

XSとXRは「ついてきてくれる人だけ来てね」とのAppleからのメッセージだと感じました。

そして、私はもうついていけません。

これだけApple製品が好きな私がこういう風に思うのだから、同じように思っている方が沢山いると思います。

そして、今使っているiPhoneからXSやXRに乗り換えようとする方は少数派ではないかと思います。

むしろ、ファンの多い「iPhone 6SやSEをできるだけ長く使っていこう」 というユーザが非常に多いのではないかと考えています。

ということで、私としてはうちの修理業界と中古のiPhone市場がしばらく盛り上がりを見せるのではないかと予想しております。

まぁ長い目で見ればiPhoneユーザーが減ってしまい、結果的にはビジネスとしてマイナスかもしれないですけどね。

とりあえず、まだ3年くらいは6SとSEは快適に使えるでしょうし、7と8もありますので、しばらくはiPhoneユーザーの数自体は横ばいではないかなと思います。

また、6SやSEが公式で購入できなくなったので、中古市場への期待が高まっていると考えております。

来年にはSIMフリーに関する法改正がされ、もう少し中古のスマートフォン市場が整備されるようなので、その動きも中古市場への流れを加速させそうです。

それを受けて、うちでも中古のiPhoneの販売を、小さいですが始めております。

中古のiPhoneが欲しい方はお気軽にご相談ください^^

今後、iPhoneがどのようになっていくのか、それはAppleのみぞ知るところです。

ただ、一ファンの願いとして、Appleの素晴らしい技術と感性をこれからも享受させて欲しいです。

別に高くても、本当に価値のある、その価格に納得できるものであればいいと思うんです。

素晴らしいものを作るのにお金がかかるのは当然です。

ただ、少なくともiPhone Xには私は魅力を感じませんでした。

むしろ使いにくくてすぐに手放してしまいました。

今後、魅力のある「この価格なら出してもいい」と感じられる、納得できる製品を期待しています。

タイトルとURLをコピーしました