最新のiOS14.6ではバッテリーの減りが早くなったらしい

営業

ここ1ヶ月ほど「バッテリーの交換をしても駆動時間が改善しない」端末を、普段より見るようになりました。

「なんでかな〜」と疑問に思っていたところ、どうやら最新のiOSが原因のようです。

iOS14.6でiPhoneのバッテリー消費と発熱が増加、一部ユーザー指摘

ネットで調べると「iPhone11や12のユーザーが訴えている」というような、最新機種の情報しか出てこないのですが、うちでは、iPhone6Sや7で多く発見しています。

こういう端末のバッテリー交換をした際に、ちゃんとチェックしてあげないと、後日「バッテリーの減りが早いんですけど」というクレームが入る可能性があります。

そりゃそうですよね。

数千円払ったのにも関わらず、症状が改善しなかったら、お客さんは疑問に思うはずです。

というか、こういう場合は大体が「取り付けたバッテリーが悪い」と疑われますので、揉める可能性が高いです。

バッテリーを交換しても改善しないーiTerminal

このやりとりは、非正規店とお客さんの間では、しょっちゅう行われています。

今回のiOS14.6に限らず、iPhoneというのは「バッテリー交換しても駆動時間が改善しない」という端末が一定数あるのですが、これは基板故障に当たるので、修理不可です。

これになったら、買い替えです。

しかし、非正規店の多くは、これについての知識もないですし、さらに悪質なところだと、わかっていてもバッテリー交換を行い、お金を取ってしまいます。

で、一度交換してしまうと最後、返金には応じてもらえず、お客さんはそのままお金を捨てることになります。

当社では、バッテリー交換の際に、基本的に基板故障を起こしていないかどうか点検しています。

ただ、時間を置かないと分からないこともあるので、もしその後、保証期間内に「バッテリーの減りが早い・改善していない」とお客様が訴えてくることがあれば、バッテリーを元に戻して、返金しています。

ただ、ひとりで営業しているような場合だと、こういう対応も難しいかもしれません。

ですので、もしバッテリーを交換しても改善しなかった場合、お金を返金する対応をしたくなければ、最初にその旨を伝えておきましょう。

例えば、今でしたら、

「iOS14.6にアップデートしたら、バッテリーの減りが早くなったという人が多いのですが、そのような心当たりはありませんか?

もし、iOSが原因だった場合は、バッテリー交換をしても改善しない可能性があります。

ただ、その場合でも、当店ではご返金することはできません。

もし心配でしたら、先にAppleに診断を依頼することをお勧めしているのですが、いかがでしょうか?」

これくらい言っておけば、大丈夫です。

そして、了解してもらった上で、修理を受けるようにしましょう。

もしバッテリー交換した後に、改善していなくても、揉めることは絶対にありません。

これでも不安な場合は、免責事項の書類を作って、一筆もらっておきましょう。

ここで不安に感じた方は修理しないで帰りますが、それは仕方ないです。

「もったいない」と思うかもしれませんが、軽く引き受けて、あとから揉めるくらいなら、最初からちゃんと話しておく方が、私はいいと思います。

揉めるのは本当に時間の無駄です。

とにかく最初に全部伝えて、お客様との行き違いを無くすこと!

これがこの仕事を続けていくための鉄則です。

また、今回のようにiOSが新しくなると、何かイレギュラーなことが起きたりしますので、常に最新情報には耳を傾けておくようにするといいです。

タイトルとURLをコピーしました