バッテリーの寿命はどのくらい?

修理研修

お客様からは、日々様々なご質問をいただきますが、1番多いのは、”バッテリーの寿命はどのくらいですか?”というご質問です。

「iPhone バッテリー 寿命」とググると、どこのサイトでも、大体「2~3年」という答えが書かれているのではないかと思います。

2〜3年という回答でも、もちろん間違えではないのですが、個人的には、若干弱い気がします。

というのも、iPhoneのバッテリーの劣化のスピードというのは、”使用期間”よりも”使い方”によるところが大きいからです。

空き時間はずっとiPhoneをいじっていて、頻繁に充電している人と、電話がかかってきたら出るくらいの使用頻度の人では、バッテリーの寿命に大きな乖離があります。

前者の方は、1年でも劣化を感じると思いますし、後者の方は5年使ってやっと劣化を感じるという方もいらっしゃいます。

また、一般的に、大きい端末は、小さい端末よりも、バッテリーの容量自体が大きいので、大きい端末の方が劣化を感じずらいので、使う端末にもよります。

ですので、当社では、この質問の回答としては、

「iPhoneのバッテリーは800〜1,000回充電すると交換時期と言われているみたいです。1日1回充電すると、大体2年半から3年くらいで交換時期になります。」

というようにお答えしております。

こんな感じで、ちょっとしたプラスαの回答が出来ると、お客様に信頼感を持っていただきやすいと思います^^

こういう”私たちならではの工夫”も、技術研修で出来るだけお教えできるように心掛けております。

私たちが実務や経験で学んできたことを、しっかり吸収して帰ってくださいね!

タイトルとURLをコピーしました