相談しないと始められないなら、やらない方がベター

営業

私は仕事柄、

「〜という風に考えているのですが、修理店を開業してやっていけると思いますか?」

「○県で修理店を開業しようと思うのですが、どう思いますか?」

「修理店をフランチャイズと個人で開業するの、どちらがいいと思いますか?」

など、開業に関する相談をよく受けます。

私は、こういう質問をいただいた時、できる範囲でお答えは致しますが、正直こんなことを私に質問してくるようでは、「商売人」として向いていないと思います。

私も、自分で開業すると決めて他社の技術研修を受けてから、未経験のまま開業しているので、開業前の不安は非常によく分かります。

しかし、そもそも「私にそれを聞いて、私が『無理だ』と言ったら、開業するのをやめるんですか?」と思ってしまいます。

他人に「無理だ」と言われて止めるくらいの熱意なら、始めても絶対にうまくいかないので、最初から始めない方がいいです。

厳しいようですが、ハッキリ申し上げて、お金の無駄です。

私なんて、開業したくてしたくて仕方ないくらいの気持ちで始めましたが、開業後に何度も何度も「もうやめたい」と思いました。

熱意の塊の私ですら心が折れそうになるくらい、「起業する」「新しいことを始める」というのは、ものすごいパワーを使うのです。

それなのに、人に聞かないと始められない程度の熱意の人が、いざ始めた後に、続けられるとは到底思えません。

また、フランチャイズに加盟するか、個人で始めるかについてもそうです。

そんなことは、自分でメリット・デメリットを見比べて熟考して、自分で決めるべきことです。

熟考した結果「弊社の技術研修を受けて、個人で開業する」とお決めになったら、私たちの出番なわけですね。

「商売をする」ということは、日々本当にさまざまなことを決めていかなければいけません。

しかも、その結果がぜんぶ自分に跳ね返ってきます。

もちろん、正しかった決断も、誤った決断もあります。

しかし、全部自分で責任を取らなければいけません。

その覚悟がないのであれば、最初から挑戦するのはやめた方がいいのではないかと、私は思います。

私は、例え人に「それうまくいかないんじゃない?」と言われたとしても、自分がうまくいくと思えば、絶対に実行します。

何故なら、自分がお金を出して、自分で始めたことだからです。

人に何を言われる必要も筋合いもない代わりに、人に頼ることも出来ません。

他人は気軽に意見を言ってきますが、それに責任をとってくれるわけではないです。

私を頼っていただき質問をしていただくこと自体は嬉しいことではありますが、そういう方には「起業」と言うのは向いていないのではないかな、と思うのが本音です。

ですので、上記の質問の答えとしては「自分で判断できないのであれば、向いていないのでやめた方がいいと思います」ですね。

本来『商売』というのは「誰に何を言われても、やりたいからやる」ものではないかと思います。

少なくとも私はいつもそうですし、だからこそ、5年営業を続けてこれたのではないかと思います。

脅すわけではありませんが、開業後は本当に大変なことばかりなので、それくらいの熱量がないと、結局やめてしまうからです。

それだとお金をドブに捨てるのと同じなので、大切なお金、貯金していた方がよっぽど有意義ではないかと思います。

開業してうまくいくかどうかくらい、自分で考える力をつけて欲しいです。

それが経営者としての第一歩ではないかと思います。

タイトルとURLをコピーしました