リカバリモードから初期化の方法を覚えておくと便利

営業

修理店を営業していると、結構な割合で「iPhoneは使用できませんーiTunesに接続」という表示が出ている端末に巡り合います。

お客さんは、これを「直してくれ」と持ってくるわけですね。

この症状についての詳細は、このページをご覧ください。

【iPhone8】iPhoneは使用できませんーiTunesに接続 – iTerminal
iPhoneの修理とApple製品の売買を専門としている会社です。経営理念「良いものをリーズナブルに」

記事内にもある通り、この状態になると、初期化するしかないのですが、この状態でただパソコンに繋いでも、iTunesがiPhoneを認識しないことがあるので、リカバリモードにする必要があります。

このリカバリモードは難しいものではないので、事前に方法を調べておくと便利です。

うちは、もうほんとにしょっちゅう初期化しています。

私の場合は、店を始めた当初は、iPhoneのリセットや初期化、システムの復元などほとんど知識がなかったので、お客様に相談されたら、ググって解決していくという方法を取っていました。

そのおかげで、5年経った今は、もうほとんど分からないことはないですが、やはり最初から知っているに越したことはないですよね。

ですので、リカバリモードとDFUモードだけは知っておくと、のちのちスムーズに営業できると思います。

実際に、自分のiPhone(といっても、初期化されてしまうので、使っていないiPhoneで)で一度試してみると、より理解が深まっておすすめです。

タイトルとURLをコピーしました